Chekipon BLOG  
ログイン

今日の琵琶湖の夕日シリーズ・・・素敵な時間に感謝!

2012年07月17日15:02:00

Facebookで、何気なく撮って載せた琵琶湖の夕日が好評で・・・
その場所や景色、自分の想いなどと一緒に先月の終わりから、
ほぼ毎日、撮り続けて掲載してきました。

とても多くの方に喜んでいただきましたが、中々ほぼ毎日は難しく、
今日で琵琶湖の夕日を毎日撮るのを終わりにしようと思っていたら・・・
琵琶湖の神様は最高の夕日を見せてくれました。

夕日は、毎日・・・違った景色を見せてくれます・・・
時には眩しい光で照らしてくれたり・・・時には、優しく包んでくれたり・・・

どんな状況で、どんな心境で見るか・・・また、誰と見るかが重要です。
辛いことや悲しいことが有った時に一人で来て見る夕日。
幸せな二人が、希望に満ちて見る夕日・・・同じ夕日を見ても感じ方は違います。
自分自身も、その日の夕日を・・・違った心境で見たり違う人と見れば、
きっと感じ方は違うのだと思います。
だから・・・

その日の夕日を、どんな気持ちで・・・誰と見るかが大切なのだと・・・
ずっと、ずっと思ってきました。

琵琶湖の神様が・・・夕日を通じて、自分たちに何かを語りかけてくれるのだと、
いつの頃からか、信じるように成っていました。



物心が付く頃から琵琶湖で遊び・・・暗くなるまで・・・呼びに来られるまで遊び・・・
そして、そこには・・・いつも優しい夕日が見守ってくれていた。
少し大きくなって、恋をするようになって・・・二人で見る幸せを知った。
悲しいことが有って、ひとりで考えたくて・・・琵琶湖で夕日に語りかけた・・・

そんな、琵琶湖の夕日が大好きなボクだからこそ、皆さんが共感し、
喜んでいただけた「今日の琵琶湖の夕日シリーズ」ですが・・・
昨日、とても素晴らしい夕日を見ることが出来ましたので、
これで、一区切りとして・・・シリーズを終了したいと思います。
ありがとうございました。



6/1 「琵琶湖の水質と生態系の分布と生育状態調査」と言いながら魚釣りをしてますが、
夕方に、いつもの漁港で夕日が綺麗だったので撮りました。
これが・・・「今日の琵琶湖の夕日シリーズ」の、きっかけに成った一枚です。


そして、鳥人間の滑走ヤグラが出来つつあり、ちょうど夕日と重なるのを気づいて、
綺麗に撮れる日を待って撮ったのが「今日の琵琶湖の夕日シリーズ」はじめの1枚。
6/28 今日の夕日・・・
ボクの庭とも言うべき松原水泳場に、琵琶湖の夏の風物詩「鳥人間コンテスト」の
滑走プラットホームの櫓に夕日が重なって綺麗でした。
今年は組み始めてから雨が少ないからか、早めに組み上がっています。


6/29 今日の夕日は空を焼き、雲を染め、水を映しました。
一日の終わに人と別れる淋しさを感じる人。今日に感謝し、明日を夢見る人・・・
時に夕日は、違った事を感じさせてくれるので、一人で眺めるのも好きですが・・・
やっぱり・・・ふたりのために止まる時間が感じられる、ふたりで見る夕日が一番好きですね。


7/2 今日の琵琶湖の夕日。 
夕日は毎日、違う顔をみせてくれる。また刻一刻と違った模様を見せくれる。
それは、見る人の人間模様にも似ているかも知れない。

湖面を輝かせる夕日は、雲の模様も変え、そして消えて行く。
 残されたボクたちは、ただ愛しい人を想いながら見守るだけ・・・
それだけで幸せな時間。


7/4 夕方から小雨・・・雲が多くて夕日は見れ無いと思っていたら、
陽が沈む直前に雲の切れ間ができて空が燃えました。
ほんの数分のサプライズ・・・諦めかけていたのに、こんなに素晴らしい事も有るんですね。
燃える空を横に見ながら車を走らせています。
ー 場所: 彦根港


7/5 今日は小雨で晴れ間も出ず、琵琶湖で夕日は見れません・・・
朝の活気あふれる港も、夕方は静かに明日の命を育むために休んでいるようです。
ぜひ次回は二人で、そんな命の場所からの夕日も見たいと思っています。
中央の沖に見えるのは多景島。
ー 場所: 米原


7/6 今日も琵琶湖は雨模様。
夕日は見れそうに有りませんが・・・それよりも、明日の七夕が気になります。
多くの子供たちや恋人達、家族などが星に願いをかけているでしょうから、夜だけでも晴れてほしいですね。
そして大切な人と星空を見上げられれば素敵な七夕に成りますね。


7/7 七夕の夜・・・皆さんは、誰とお過ごしですか?
今日も琵琶湖は夕日は見れませんでしたし・・・夜空の星も見る事ができません。
でも見えないだけで、きっと二人は出愛い、二人の気持ちを確かめ有っている事でしょうね。


7/8 今日の琵琶湖の夕日。
日差しの強い夕日はシルエット越しに見るのが好きです。 
港横の雑木林を抜けと、まだ眩しい夕日。 
夕日は何もかもをシルエットにして隠してくれます。 
もし二人が喧嘩していたとしても、シルエット越しに夕日を見れば、嫌な事も隠してくれるかも知れませんね。
ー 場所: 彦根港


7/9 今日の琵琶湖の夕日。
今日の琵琶湖は穏やかで・・・ホントに穏やかで・・・夕日の中の一隻の漁船も、
ゆっくりと時間が止まったような景色の中で、夕日を浴びた漁師さんだげが動いていました・・・ 
穏やかで、ゆっくりと時間の流れる琵琶湖の夕日を眺め・・・ボクも時間を止めたいと感じていました。
ー 場所: 米原


7/10 今日の琵琶湖の夕日。 
もう夏の準備を済ませた水泳場では・・・
ベンチも、愛し合う二人を待っていました。
ー 場所: 松原水泳場


7/12 今日の琵琶湖の夕日。
夕方になって雨があがり・・・港へ行ってみたが雲が多くて、夕日は見えそうに無いと諦めかけた一瞬・・・
ほんの数秒だけ雲の切れ間から光りが差し込み、湖面が輝きました。
それはスポットライトのようで・・・もし、行けるなら、その場所で二人で踊りたいと思わせるほどでした。。
ー 場所: 彦根港


7/13 今日は夕方から雨・・・
琵琶湖の夕日は見れそうに無いので、雨足が強くなる前に浜の紫陽花と雨の琵琶湖。
今日の琵琶湖は静かでしたが、向こう岸は見えず・・・どんより重たく見えたのは、
自分自身の気持ちが、沈んでいたからかも知れませんね。
ー 場所: 松原水泳場

7/14 三連休の初日・・・皆さんは、如何お過ごしでいたでしょうか?
彦根では、県内最初の花火大会が開催されますが、心配された雨も大丈夫なようですね。
しかし、雲が多くて・・・今日の琵琶湖の夕日はお休みです。 
代わりに夕方に撮影した松原水泳場の鳥人間のやぐらとジェットスキー。中央沖は多景島。
琵琶湖も本格的な夏に突入してきました。
みなさんもボクも・・・素敵な三連休に成ったらイイですね。
ー 場所: 松原水泳場

7/15 今日の琵琶湖の夕日。今日は彦根南部の浜から見た夕日です。
米原から湖岸道路を夕日を見ながら南に向かって来ました。
琵琶湖で遊んだ人たちのグループが、いくつも帰り支度をしていましたが、
この浜には誰も居ずに静かに夕日を撮れました。
もしかすると明日で一旦、毎日の夕日は終わりにするかも知れません。


7/16 今日の琵琶湖の夕日。
今日で琵琶湖の夕日を毎日撮るのを終わりにしようと思っていたら・・・
琵琶湖の神様は最高の夕日を見せてくれました。
今日の夕日は写真では現せない一大パノラマで・・・申し訳ありませんが、
写真では伝えきれず、やはり実際に見る人にだけ大きな感動を与えてくれました。
今まで数え切れないほどの琵琶湖の夕日を見てきたボクも、
もう二度と同じ夕日は見る事は出来ませんし、
今日の夕日は一生忘れられない夕日に成りました。
ー 場所: 松原水泳場


ほんと・・・昨日の写真は・・・実際に見る1/10も伝えることができません。
夕日を浴びる山々は、重なりによって・・・だんだんといるが変わり・・・
雲は・・・真上まで薄紫のグラデーション。
左右の雲は・・・自分たちの真横まで、上部は光り、下は黒く影になり、重なり合う。
右には長浜の建物が夕日に浮かび、左は沖島が薄く見える。

そして・・・この立体的な風景は・・・1時間以上をかけて変化していき・・・
時空を超えた美しい風景を、作り上げてくれましたので、
この素晴らしさを伝えるには・・・何台ものビデオカメラで同時に撮らなければ、
収めきれませんし、もっと性能の良いデジカメなら、もう少し伝わるのかも知れませんが、
携帯電話で撮影していて、画質が悪くて伝えきれない部分も有ると思います
ただ・・・その一大パノラマの中心で、一部始終を感じられるのは、
やはり、その場に居た自分たちだけだと思います。
ほんとうに・・・素敵な時間に感謝いたします。

超キレイな夕日...琵琶湖の神様、ありがとうございました!


この琵琶湖の夕日の素晴らしさと、琵琶湖の素晴らしさを伝えるため、
シリーズは終了しますが・・・時々は撮って見ていただきたいと思っています。



Posted by MOMO-TARO Comments(0)
認証:    うさぽんは何人?